So-net無料ブログ作成
検索選択

ツーリング・・・時々登山 [ツーリング]

ツーリングの魅力って、いったいなんだろう???

遠出旅行なら車の方が荷物や人間もたくさん積めるし乗れる!天気や季節に左右

される事も無い。(大好きな彼女とか友達とかでワイワイお喋りしながらドライブとか楽しいよね)

それに引き換え、バイクは、夏は熱く冬は寒い。突然の雨が降ってくればびしょぬれ

になる。体に常に風を感じているため、意外と疲れる。コケれば痛い

と・・・まぁ良いとこ無いじゃん ( -。-)y-~~~ 

 

しかーーーーーーーし、わざわざバイクツーリングを選び、1000キロ日帰り

休みの度にツーリングするバイク馬鹿もこれまた沢山いてる。なんで?

それは・・・バイクでのツーリングは、そのデメリットが魅力と感じる方が多いのでは

ないだろうか?。

最小限の荷物を積み、季節の移り変わりや木々の香りを感じながら、バイクで走る。

それこそが、楽しみなのだ!

急に雨が降ってズブ濡れになっても良いじゃないか、それはそれで楽しいと感じるも

のだ!ハプニングがあった方が記憶に残るってもんだぜ。それが、バイクツーリング

の醍醐味といったところでしょうかね~( ̄~ ̄)

バイクでのツーリングは、自然そのものを体で感じ、相棒と何処までも一緒に旅をす

る事が出来る事が「旅」を楽しむということなのです!!( ̄Λ ̄)

と言う事で・・・今回もお家の仕事をサボってぇ ブロロロロロロロロロロロロロ~

(無理矢理の語りで出発です)

天空の道-1R.jpg

当直明けの某平日、ノンストップでこの場所へ来ました。

いつ見ても絶景は飽きないぜ~

天空の道-2R.jpg

この日も残念ながら霞んでいる涅槃像ですが・・・

以前から思っていた事を実行したんだ。(⌒~⌒ι)

天空の道-18R.jpg

天空の道を少し下って・・・。

天空の道-4R.jpg

この丘?山?をよく見てください。

ほら・・・道があるでしょ???

獣道っぽいですが、ちゃんと頂上まで繋がってるようです。

天空の道-17R.jpg

ん~いこかやめるか・・・(トレッキングシューズじゃないしレーシングブーツは滑るんだよね~)

天空の道-5R.jpg

意を決して進むことに・・・。

天空の道-3R.jpg 天空の道-7R.jpg

天空の道-8R.jpg

どうだろう?直線距離で500mくらいかな 慎重にゆっくりと歩きます。

天空の道-6R.jpg

脇はこんな感じで、草スキーや草ソリの上級コースみたいな感じです(゚ロ゚;)

つつじヶ丘公園R.jpg

眼下には「つつじ公園」も見えます。

天空の道-16R.jpg 天空の道-19R.jpg

天空の道-9R.jpg

しかし、この季節は風が気持ち良い!360度のパノラマ絶景が日頃のストレスを

忘れさせてくれます。(´▽`*;)

天空の道-15R.jpg

30分くらいかけてゆっくりと楽しみながら頂上へ

(一度下ってからの上りで日頃の運動不足で心臓がバックバク)

天空の道-13R.jpg

ヤッホーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ (*゚ノO゚)

天空の道-10R.jpg

来た道をふり返ると、絶景の展望所「天空の・・・」が見えますね~

天空の道-14R.jpg

今日はここでコーヒータイム! 

プライベートビーチみたいにプライベートマウンテンでゆっくりと時間を過ごします

木陰があればお弁当を食べれば美味いでしょうね~しかしながら、木陰がココには

一切無いので、今からの季節は暑そうなので止めときます (;´д` )

天空の道-12R.jpg

来た道を引き返しましょう・・・ゆっくりと楽しみながら・・・もう来ません(笑)

汗だくで戻り、木陰で一休みです。 (コレが一番気持ちよかったりして・・・)

ミルクロードへ出て、レストラン北山から右折、大観峰方面へ

突き当たりを産山方面へ進み、登山で火照った身体を水源で冷まそうと

「池山水源」へと足を延ばしました。

池山水源-6R.jpg

環境省の名水百選にも選ばれた池山水源は、恒温13.5℃、毎分30トンという豊富

な湧水を誇っています。

一帯は、樹齢200年以上といわれる巨木や樹木に囲まれ、湧水は、玉来川となり

大野川へ合流し、遠く別府湾へと注いでいます。(看板引用)

池山水源-1R.jpg 池山水源岩魚R.jpg

入り口では「岩魚」が美味しそうでしたよ~800円!

池山水源-4R.jpg

どうですか? 透き通ってて思わず頭を突っ込みたくなるような輝きですね

       池山水源お地蔵様R.jpg

池山水源-3R.jpg 池山水源-5R.jpg

木陰のベンチでゆっくり( -。-)y-~~~ マッタリしたところで思い出しました!

棚田を!!

近くに扇状の「棚田」があるんですね、そこへ行って見る事にしましょう(^○^)ノ 

扇田-8R.jpg

ココじゃないですよ(笑)

        扇田-9R.jpg

扇田-7R.jpg

池山水源から看板通りに進むこと10分 (実際は少し迷いましたが・・・)

扇田-5R.jpg

見えてきました!扇田って言うんですね~ 

扇田-3R.jpg

ん~これまた絶景だぜ! 

夕暮れはまた一段とキレイでしょうね~ だから・・・一部の方々に大人気です!!

扇田-4R.jpg

おそらく・・・朝から場所取り&夕暮れまで粘る段取りでしょう( ̄□ ̄;)!!

ちょっとした広場は満車状態で思い思いにお弁当や昼寝などされてました・・・。

いやしかし、奇跡の一枚を撮るにはコレぐらいのハマリが必要ですな( -。-)y-~~~

産山~涅槃像R.jpg

パノラマラインを進みやまなみロードへ通ずる国道へ出て帰還します。

産山R.jpg

レストラン北山交差点を直進し「菊池スカイライン」を菊池方面へ降りて行きます。

ここで記念すべき走行10000キロ!

オド10000キロR.jpg オド1万キロ地点(菊池G)R.jpg

記念すべき10000キロは菊池グリーンロードでした  o(^O^*)o

いつもは見過ごすこの並び(笑) 

たのかんさぁR.jpg

たのかんさが見守る農道を快走し、無事に帰宅しました。

(急いでお家の用事を済ませましたよ~コレでまた走れるかな!) 

 


nice!(5)  コメント(9)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 9

tdsokd

阿蘇ですか?春らしい景色満載で、綺麗な風景がいっぱいで羨ましい限りです。

by tdsokd (2012-05-18 01:34) 

せつら

自然と一体になって風になれる乗り物だから、いろいろ乗る理由を考えちゃうのがライダーなんですね(^^)(笑) 車しか乗れない人ってかわいそ(T▽T)
阿蘇の景色はどこを切抜いても素晴らしいですね♪九州人でよかった(笑)
by せつら (2012-05-18 18:39) 

響

扇田はわたくしも大好きです。
でもこんなに三脚が並んでるのは
見たこと無いです。
by (2012-05-19 02:13) 

tonoji

ラピュタのグリーンを登ったんですね!
表面は気持ち良さそうなグリーンの
カーペットぽいけどゴロゴロは出来なかったのかな?(笑)
by tonoji (2012-05-21 01:01) 

小僧R1

tdsokdさん こんばんは。

阿蘇ですよ~何時行っても何回走っても阿蘇は飽きない!
来た外輪山を走ると飛んでるみたいに気持ち良いです
是非!阿蘇に来てくださいね~

by 小僧R1 (2012-05-22 21:08) 

小僧R1

せつらさん こんばんは。

いろいろと理由をつけて走り出すバイク馬鹿です(笑)
でも、今の時期は、走っちゃいますね~阿蘇の近くで
産まれてよかった!

by 小僧R1 (2012-05-22 21:11) 

小僧R1

響さん こんばんは。

扇田は是非とも行ってみたかった所です!
場所がイマイチ分からなくて迷いましたが、夕景は
最高でしょうね~
カメラマンの数に少々びっくりで・・・そそくさと後にしました。

by 小僧R1 (2012-05-22 21:13) 

小僧R1

tonoji さん こんばんは。

はい!隣の小高い丘です!もう登らないと思うけど
ゴロゴロやった日にはうつ伏せに倒れた俺を空から
見る事になりそうなので・・・止めました(笑)
by 小僧R1 (2012-05-22 21:16) 

yosi

この記事は見てなかったようです。
天空の道から見える小山に登っていたんですね。
途中の道が細くて怖そうです。(;゚Д゚)!
毎年、扇棚田にも行ってみたと思っているのですが場所がわからなくて…
by yosi (2012-10-18 06:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。